Sample Image

絢爛華麗,無限に引き出される魅力

「絢爛華麗、無限に引き出される魅力」

パワーストーンとして取り上げられる宝石や鉱物は数え切れないほど多くの種類があります。
1年365日すべてにパワーストーンを割り当てる考え方もあるんですよ。
誰もが知るダイヤモンドやルビー、サファイヤといったものはもちろん、少し宝石に精通した人でなければ名前が出てこないような石も多数存在します。

たとえば「レッドスピネル」という石があります。
ルビーに似た赤い色の石で、主のミャンマー、スリランカ、ベトナムなどで採取され、現地では「神様の石」などとも呼ばれています
ルビーやサファイアと同じところで取れるため混同されやすく、どうしてもルビーの類似品と思われてしまう宝石で、 実際イギリス王室の戴冠式用の王冠につけられた黒太子のルビーは、
ルビーと思われていた時期がありましたが実際はレッドスピネルです。

この石を例にパワーストーンの話をしてみましょう。
レッドスピネルの宝石言葉は「好奇心」。
そしてパワーストーンとしての効果はその考え方や派閥によって様々で未だ一つに統一されずにいます。
その一例を挙げると、病気への免疫力の上昇や、冷静さ、自信といったものでいずれも高いエネルギーを持つことで叶えられるポジティブさを象徴するものになります。
レッドスピネルに限らずパワーストーンはその土地の風習によって、つける人によって複数の意味合いを持ちます。
このレッドスピネルでも同様。
上記の他に、豪華絢爛や美麗といった意味合いを持っています。

人間というのは不思議なもので、豪華なものを身につければそれだけで行動や気の持ちようも変わってきます。
言葉は悪いですが、地味な印象の方でもそういうアイテムを身につけることでその雰囲気が変化し、女優のような立ち居振る舞いをするようになります。
これがパワーストーンの効果によるものかどうかは、科学という物差しでは解明できません。
しかし心理的な引き金を引くきっかけになるとすれば、それだけでも身につける価値があるものではないでしょうか。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 sekaihitotunoishi All Rights Reserved.