Sample Image

リーディング(透視)で石の個性が明らかに

「リーディング(透視)で石の個性が明らかに」

パワーストーンには同じ種類であっても、それぞれに個性があります。
一般に言われる効果というのは、あくまでも平均値であってその石固有のものではありません。
そこで行われるのが、それぞれの石の個性を読み取るリーディング(透視)です。

透視とは言っても石の原子構造を解析したり、本物か偽物かを鑑定するわけではありません。
ここで見るのはその石が持っているオーラです。
石のリーディングのやり方は人それぞれ。
見るだけで良い人もいれば、実際に触れてそこから感じられることを見るという人もいます。
中には目を閉じて石に耳を近づけて、石の声を聞くという人もいます。
どれが正しく、どれが間違えているとうわけではありません。
もっとも、もしかしたらリーディングができるフリをしているだけで、実際はできないという人はいるかも知れませんが・・・

石のオーラには波長があります。
そして人によって波長の感じ方にもそれぞれ。
リーディングは透視と訳されますが、正確には「感じる」といった方が正しいのです。
さて、石のリーディングでは何がわかるでしょうか。
リーディングができる人は石から感じ取ったことにそれまでの経験や第六感を加えて分析します。
温かさを感じれば力のある石で、冷たさを感じれば理性や知性を強化してくれる石。
刺激を感じることがあれば、言葉にできない安らぎを感じることもある。
目を閉じれば、実際の石の色とは違う色や、石の生まれた国の風景が見えるという人もいます。
また、パワーストーンの中にはこのようなhttp://diamondsintheroughbymichelle.com/light.htmlものもあります。

本格的なパワーストーンの販売店では、こういったリーディングができるスタッフがいるものです。
こういう人たちは、その石がどこで取れたのか、一般的に言われるその石の持つ力を知識として持っているのはもちろん、お客の要望に応じてそれぞれの石をリーディングし、
リクエストにピッタリの逸品を選んでくれます。
そういう意味ではお店の仕入れ力や知名度なども大切ですが、スタッフの人柄やリーディングの眼力も大切になってくると言えるでしょう。

サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 sekaihitotunoishi All Rights Reserved.